電子カルテに変えましょう

電子カルテでペーパーレス化の実現

電子カルテを導入された先生の話 レセプト電子化を目的とし、レセコンの変更を検討していましたが、この機会に診療業務の効率化について見直しアイデンスの「電子カルテ」を導入しました。
これまでは、カルテをコンピュータに入力しカルテ印刷していましたが、現在は「ペーパーレス化」を実現し「時間効率・保管場所・印刷コスト等」の問題を解決しました。

また、アイデンスの「電子カルテ」は操作性を重視しており、入力も最少の時間で簡単・正確に終わるためストレスも無く診療業務の改善に役立っています。
新聞記事キャプチャ 日本歯科新聞 2014年3月11日に掲載されました。

電子カルテの要件

平成11年4月、厚生省(現:厚生労働省)の3局長(健康政策局長、医薬安全局長、保険局長)通達により、 下記の基準を満たすことで、診療録の電子保存(電子カルテ)が可能となります。

  1. 説明責任

    医療機関様にて使用されるシステムが電子カルテ基準を満たしていることを説明する責任。

  2. 管理責任

    運用面の管理を行なう責任。(運用管理規程の作成と遵守)

  3. 結果責任

    発生した問題点や損失に対する責任。

詳しくは、厚生労働省:診療録等の電子媒体による保存についてをご確認下さい。

電話でのお問合わせ 0120-506-477