電子カルテ導入事例

離れられない操作性

医療法人 憩の館 久本歯科医院

岡山県備前市

1.レセコンからカルテコンへ

 歯科システムを導入した当初は、レセコン仕様として使っていました。代理店担当者からIDSのシステムならPC音痴の人でも簡単に入力できるとの紹介を受け、カルテ仕様にチャレンジしようと思いました。県下でシェアの高いT社のソフトも比較検討しましたが、自分では使えないと思いました。アイデンスの自動算定プログラムや各種の機能による操作性の良さを体験し、治療に支障を来すことなく入力ができると考えて、導入を決めました。導入後は思った通りスムーズにカルテの作成に移行できました。それ以降、操作性の良さが当たり前になっていますが、これから離れることができなくなっています。

2.カルテコンから電子カルテへ

 カルテコンに大きな問題はありませんでしたが、分厚くなって行くカルテファイルをみながら気になることもありました。そんな時に‘電子カルテ’の提案を受け、カルテを印刷しないメリットを考えてみました。
 ・患者さんの待ち時間が軽減される(カルテ印刷待ちやプリンター関連のトラブル等)
 ・増えて行く紙カルテの管理や出し入れ等のスタッフの労力が削減される
 ・カルテファイルの新たな保管場所が不要になる
紙カルテが無くなるデメリットと手書き情報の取り扱いについて担当者に聞いたところ、機能の活用等で容易に解決しました。患者さん毎の過去の処置は、モニター上の色表示やデータビュー機能等で容易に確認できるため、紙カルテで探すよりはるかに簡単でした。必要があれば、カルテはiPadを利用してチェアサイドで確認することもできます。手書きしていたコメントは、SOAP機能によって充実したカルテとして簡単に入力することができています。どうしても手書きしたい内容は、印刷している1号カルテに記載していますが、紙が大幅に増えることもなく、メリットを最大限に活かした運用をしています。

3.治療のための合理化

 電子カルテの運用で、思い違いをしていたことがありました。過去のデータがPCの中にあれば、今までの紙カルテは捨てられると思っていたことです。少し残念でしたが、以前のカルテコンには電子カルテ運用の法的要件が満たされていないという説明で、保管の必要性を納得しました。今現在は、2号カルテを印刷しないことによるスタッフの労力や患者さんの待ち時間の削減等のメリットは想像以上のものであることを実感しています。トナーやカルテ用紙の注文も大幅に削減され、とても嬉しく思っています。
 今後は手書き用のタブレット提案も準備中と聞いています。新たな提案や他の先生方の運用方法等も教えてもらいながら、治療のための当院の合理化を目指し続けます。