PROSEED SVイメージ図
超視覚的電子カルテシステム PROSEED SV | 激変する時代に直面している歯科の未来を見つめ、あるべき姿を追求し続けることが、『電子カルテシステム』の開発には必要不可欠だと、アイデンスは考えています。

超視覚的電子カルテシステム”プロシード エスブイ” / 初心者からハイレベルな方までの ご要望にお応えできるシステムです。

最少かつ柔軟な操作性が、高度な機能まで有効活用する道を拓きます。カルテ要件(SOAP式)に沿った入力も、慣れで使うのではなく、機能によるスムースな入力を可能とします。

PROSEED SVのポイント サポート体制

ソフトの"有意差"は、時間・健康・診療・経営に直結します。「電子カルテシステム選びのポイント」

入力操作の差

日々の入力操作を最少にすることが、多機能の有効活用を可能とし、時間と労力とストレスを最小にします。それが診療時間を最大化し、重要な健康の維持に貢献します。
発想を逆転したポインターの自動誘導やワンステップキー等の豊富な機能が、正確でスムースな入力を可能とし、窓口会計から請求業務に至る事務処理が矛盾なく処理されることを約束します。

情報管理の差

蓄積された資料は患者さんへのインフォームドコンセントから始まり医院経営に至るまで有効に活用されるべきものです。歯周状況や補綴などの治療データのビジュアル化が、現状の把握や次回以降の治療計画を容易にします。また、予約システムとの連携による情報の共有化が、院内業務の効率化や来院促進などにも貢献します。電子カルテに必須の正確なデータの保存が、縦覧点検や突合点検に対しても有効活用されています。

メンテナンスの差

長期にわたって最新のソフトを活用するためには、法令改定対応だけでなく定期的な機能アップが重要になります。ハードやソフトの状況は「お知らせ機能」で容易に確認することができます。安心して使うためには、緊急時への対応が必須になります。長年有効活用してきた通信機能による即時対応ハートワークでの即答を目指しているコールセンターが、安心して使って貰える大きな要素です。

電話でのお問合わせ 0120-506-477